コンサート詳細情報

コンサート名


徳永二男 ヴァイオリンリサイタル


演奏者・グループ名

 

 

徳永二男 Tsugio Tokunaga,Violin

徳永二男は、ソロ、室内楽などで、第一線で活躍するヴァイオリニストであると同時に、宮崎国際音楽祭総合プロデューサーやJT アートホール室内楽シリーズ音楽監督を務めるなど、人気、実力ともに日本を代表する演奏家である。
ヴァイオリニストの父茂および鷲見三郎氏に師事。桐朋学園にて、齋藤秀雄氏に師事。1966 年、当時日本楽壇史上最年少のコンサートマスターとして東京交響楽団に入団。1968 年、文化庁在外派遣研修生としてベルリンへ留学、ミシェル・シュヴァルベ氏 に師事。1976年、NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。その後首席第一コンサートマスターを経て、ソロ・コンサートマスターの重責を担い、長年NHK 交響楽団の “顔”として抜群の知名度と人気を誇る。
NHK 交響楽団在籍時代よりヨーロッパ、アメリカ各地から招かれ、リサイタル及び協奏曲のソリストとして活躍が目立った。とりわけ、ケルンでの現代音楽祭参加、ベルリンの日独センター柿落とし公演でのヴォルフガング・サヴァリッシュ氏との室内楽コンサート、ニューヨークのカーネギーホールでの室内楽コンサートツアーは、それぞれ絶賛を博した。
1994 年にNHK交響楽団を退団し、ソロ、室内楽に専念。1995年からJTアートホール室内楽シリーズの音楽監督を、1996年からは宮崎国際音楽祭の総合プロデューサーを経て2011年からは宮崎国際音楽祭音楽監督を務めるなど、日本の室内楽の分野における中心的立場を確固たるものとしている。ソリストとしては、これまでモントリオール交響楽団やイギリス室内管弦楽団など、国内外の著名オーケストラからたびたび招かれている。また、数多くのリサイタルを行い、近年は楽器の弾き比べなど、親しみやすいトークを交えた演奏会が、各方面から好評を博しているほか、さらに、2008年からは「徳永二男の挑戦」と題し、10 年間毎年1 回ずつのリサイタル・シリーズに取り組み、大きな話題となっている。
CD は、ピアニスト・伊藤恵と共演したブラームスのヴァイオリン・ソナタのほか、音 楽生活35年の集大成となるベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲集や、パガニーニのカプリースなどがフォンテックからリリースされている。
 国立音楽大学教授、桐朋学園大学特任教授、洗足学園大学客員教授。
(2011 年4 月現在)

 

林 絵里 Eri Hayashi,Piano

東京生まれ。4 才よりピアノを始める。
1977年、第31 回全日本学生音楽コンクール・東日本大会で奨励賞を受賞。
桐朋女子高校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。ピアノを樋口恵子、弘中孝、故中島和彦の各氏に師事。卒業後、同大学に於いて2年間、弦楽科伴奏研究員を務める。
1986年、第8 回チャイコフスキー国際音楽コンクールのチェロ部門で最優秀伴奏者賞を受賞。1986年より日本国際音楽コンクール・ヴァイオリン部門の公式ピアニストを務める。1991年、ミュンヘンにてワルター・ノータス氏に室内楽を師事。
これまでソ連芸術祭、東京の夏音楽祭出演の他、ヴァイオリニストのエドアルド・メルクス、ドン・スク・カン、バルトゥオミ・ニジョー、ヴィヴィアン・ハグナー、パベル・バーマン、徳永二男の各氏をはじめ、内外の多くの演奏家と共演。また、N 響メンバーとの室内楽や、NHK・FM、CD の録音なども行なっている。
現在、桐朋学園大学音楽学部嘱託演奏員。

曲目


ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第3 番 変ホ長調 Op.12-3
J.S. バッハ:無伴奏パルティータ 第3 番 ホ長調 BWV1006
シューベルト:ロンド ロ短調 Op.70 D.895
シューベルト:幻想曲 ハ長調 Op.159 D.934

その他


公演チラシ   公演チラシ裏

閉じる