コンサート詳細情報

コンサート名


チェロと共に生きて 〜天野武子チェロリサイタル〜

演奏者・グループ名


天野武子(チェロ) 加藤美緒子(ピアノ)

プロフィール

 

天野武子(チェロ)

1945年、岐阜県多治見市に生まれる。金城学院中学・高等学校を経て、東京藝術大学 音楽学部器楽科チェロ専攻に進み、在学中に安宅賞を受賞する。皇居内桃華楽堂新人演 奏会出演。同大学大学院研究科修士課程を修了。その間チェロを小沢弘、堀江泰氏、レーヌ・フラショー諸氏に、室内楽を浅妻文樹氏に師事。1968年、東京アカデミカーアンサンブル発足以来、コンサート、放送、レコーディング等の活動を行う。東京アカデミカ―室内オーケストラと改名後も「ルツェルン音楽祭」「マントン音楽祭」「パリ音楽祭」「メニューイン音楽祭」等々多くの音楽祭に招かれる等、その活動は国内国外に及んだ。カリス弦楽三重奏及び弦楽四重奏団のチェロ奏者としても演奏活動をする。1975年〜 76年にかけてウィーンで研修。リヒャルト・クロチャック氏に師事。1990 年、東京ハルモニア室内オーケストラと改名、同メンバーで引き続き国内外でのコンサート活動を行い、2002年3月(社)日本芸能実演家団体協議会より平成13年度芸能功労者表彰を授与された。2008年、愛知県立芸術大学弦楽器の教員と「愛・知・芸術のもり弦楽五重奏団」を結成。様々な活動を行い、2011年1月にCDをリリース。2011年3月、愛知県立芸術大学教授を退任。室内楽、独奏、レクチャーコンサート等様々な形での演奏活動を継続している。
名古屋フランス音楽研究会会員。名古屋カザルス会主幹。愛知県立芸術大学名誉教授。

 

加藤美緒子(ピアノ)

東京藝術大学付属高校を経て東京芸術大学ピアノ科卒業。安宅賞受賞。第39回日本音楽コンクールピアノ部門第一位受賞。 西ドイツ政府給費留学生(D.A.A.D.)として渡独し、西ベルリン音楽大学卒業。その後ローマ、ロンドンで研鑽を積む。G.Puchelt( ベルリン)、R.Silvestri(ローマ)、L.Kentner(ロンドン)等に師事。
ショパンコンクール(ワルシャワ)ディプローム、マリア、カナルスコンクール、ジュネーブコンクール、第2回ルービンシュタインコンクール(イスラエル)等に入賞。大阪文化祭奨励賞受賞。日本、ドイツ、オーストリア、イタリア、イギリス等でリサイタル、室内楽、オーケストラと共演等の演奏活動を行う。日本ではバルトーク弦楽四重奏団、マリオ・ブルネロ(チェロ)、ビルギッタ・ノルドファルク(アルト)、アニー・シュナルヒ(ヴァイオリン)、クラウス・カンギーサー(チェロ)他、内外の演奏家と共演。オーストリア滞在中はフォアアールベルク州立コンセルヴァトーリウムで講師を務める。
現在愛知県立芸術大学教授として後進の指導にあたる。

 

平野一郎(作曲)

1974年京都府宮津市出身。京都市立芸術大学大学院修了。1996年より各地の祭礼とその音楽を巡るフィールドワークを行う。1999年ブレーメン芸術大学に派遣留学。 2005年日本交響楽振興財団作曲賞最上位入選・日本財団特別奨励賞受賞。2007年作品演奏会〈作曲家・平野一郎の世界〉で第17回青山音楽賞受賞。2007年度京都市芸術新人賞受賞。〈ISCM 世界音楽の日々2008ヴィリニュス大会〉入選。11年1月演奏家・美術家との共同で“女声と映像、15楽器によるモノオペラ〈邪宗門〉”開催。

 

名古屋カザルス会

名古屋カザルス会は偉大なチェリストであり、平和を希求したパブロ・カザルス(1876〜1973)の下記の言葉を拠り所とし、チェロ音楽の振興を目指している。「音楽、それは世界に通用する素晴らしい言葉であり、人間同士の理解の源である。世界中の私の音楽仲間に、ここでもう一度お願いしたい。音楽の純粋さを演奏という形で表現して、すべての人間を兄弟のように結びつけることを。そして出来ることなら、この望みが見事にかなう日まで続けてもらいたい。私にとって音楽は神聖なものであり、また人間も同じである。」

曲目


J.S.バッハ: 無伴奏チェロ組曲 第1 番 ト長調 BWV1007
ブラームス:チェロソナタ 第1 番 ホ短調 作品38
フォーレ:子守歌、エレジー
サン=サーンス:白鳥、アレグロアパショナータ
[委嘱作品]
平野一郎:たらちねのうた 〜丹後地方の子守唄に拠る〜(初演)

その他


公演チラシ    公演チラシ(裏)

閉じる