コンサート詳細情報

コンサート名


【スイーツタイムコンサート】
ライン川・クラシック名曲散歩 〜日本のライン 木曽川そして犬山とともに〜

演奏者・グループ名

 

唐沢安岐奈(チェロ)、原田綾子(ピアノ)

プロフィール

 

唐沢安岐奈(チェロ)

 名古屋市立菊里高校音楽科、東京藝術大学を経て、同大学院修了。ハンガリー国立リスト音楽院留学。文化庁派遣芸術家在外研修員としてミュンヘンに留学。
 1991年現代音楽室内楽コンクール第1位、1992年東京国際音楽コンクール室内楽部門第2位、ならびにルフトハンザ賞受賞。1996年第66回日本音楽コンクール入選。
 1997年、1999年と名古屋フィルハーモニー管弦楽団とドボルザークの協奏曲を共演、2002年にはセントラル愛知交響楽団定期演奏会にてエルガーの協奏曲を共演、2009年文化庁主催「明日を担う音楽家たち2009」で東京交響楽団とブラームスの二重協奏曲を共演。
 現在、読売日本交響楽団チェロ奏者。

原田綾子(ピアノ)

 愛知県立芸術大学を経て、同大学院修了。ぎふ・リスト音楽院マスターコースを受講し、2003年より2年間、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。第18回ヴァレンティノ国際音楽コンクール第1位、第13回日本モーツァルト音楽コンクール奨励賞他、入賞多数。これまでにチェコ・フィルハーモニー弦楽六重奏団等と共演。
 名古屋市民芸術祭審査員特別賞受賞。
 現在は、名古屋短期大学、同朋高校音楽科非常勤講師。
ホームページhttp://runde.jp/ayako_pf/

 

曲目

 

シューマン:トロイメライ、アダージョとアレグロ
サン=サーンス:白鳥
ベートーヴェン:チェロソナタ 第3 番  他

 

その他

 

 大正時代に志賀重昂(愛知県岡崎市出身の地理学者)が、畏友関係であった原田氏(当時の犬山町長)を訪ねたおり、1日犬山の名勝を案内した際、夕暮れ時に河畔にて「原田君、今日は実に良い風景を案内して頂きありがとう。夕暮れ時に水面に映る古城といい、滔々と流れる河といい・・・、木曽川という古の名前も良いが、これは日本のライン「日本ライン」と名付けては如何か」とこんなやり取りがあり、日本のラインと呼ばれるようになったそうです。

 

公演チラシ    公演チラシ(裏)

閉じる