コンサート詳細情報

コンサート名

外囿祥一郎&西久保友広 デュオリサイタル 


演奏者・グループ名

外囿祥一郎(ユーフォニアム)、西久保友広(マリンバ)


プロフィール

photo:Masaaki Umeda

外囿祥一郎(ユーフォニアム)

 1969年鹿児島市生まれ。94年東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース修了。ユーフォニアムを三浦徹、露木薫、スティーヴン・ミードの各氏に師事。
 1992年第9回日本管打楽器コンクール第1位および大賞受賞、97年英国テューバ・ユーフォニアムカンファレンスにおける「ユーフォニアム・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」受賞、同年9月フィリップ・ジョーンズ・ブラス・コンクール(フランス)ユーフォニアム部門優勝。
 これまでにNHK交響楽団、東京交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、大阪市音楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、セントラル愛知交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、ストラスブール管弦楽団等と共演。また航空自衛隊航空中央音楽隊在籍中は数多くの公演でソリストを務める。
 国内外でソロ公演を行う他、ザ・テューバ・バンド、ブラス・ヘキサゴン等のアンサンブルを主宰し意欲的な取り組みを行っている。2013年にはテューバ奏者の次田心平とデュオ・ユニット「ワーヘリ」を結成。
 これまでに23枚のアルバムをリリース(内3枚は文化庁芸術祭ノミネート作品)。
 2013年3月に航空自衛隊を退職、ソロ活動および後進の育成に力を注ぐ。数多くのすぐれたオリジナル作品が外囿のために書かれており、ユーフォニアムの可能性を追求する姿勢が高く評価されている。
 現在、東京音楽大学准教授、エリザベト音楽大学、洗足学園音楽大学、昭和音楽大学各客員教授および相愛大学音楽学部特別講師。ビュッフェ・グループ・ジャパン専属講師。 

 


西久保友広(パーカッション)

 東京音楽大学を経て、東京音楽大学大学院修士課程修了。2005年第10回KOBE 国際学生音楽コンクールにおいて最優秀賞及び兵庫県教育委員会賞受賞。第10 回JILA音楽コンクール打楽器部門において第1位受賞。第22 回日本管打楽器コンクールにおいて第2位受賞。第75 回読売新人演奏会出演。第10 回神戸新聞文化財団松方ホール音楽賞大賞受賞。
 大学在学中、東京音楽大学特待生及び(財)明治安田生命クオリティオブライフ文化財団奨学生に選ばれ奨学金を授与される。05 年モーツァルテウム・インターナショナル・サマー・アカデミーを大学より奨学金を得て受講。
 これまで、JTアートホール主催「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」、「府中の森めばえコンサート」、NHK −FM「名曲リサイタル」、アクトシティニューアーティストシリーズリサイタル、府中市民芸術文化祭開会式、トーキョーワンダーサイト主催リサイタルシリーズ「21世紀を担う新鋭たちの響き」等、多数出演。また、12年NHK交響楽団定期 公演において武満徹作曲、5人の打楽器奏者とオーケストラのための「From me flows what you call time」のソリストとして出演。05年から2年間東京音楽大学においてティーチングアシスタントを務めた。
 現在、読売日本交響楽団打楽器奏者。「 パーカッション・ミュージアム」、「パーカッショングループ72」、「ザ・テューバ・バンド」のメンバー。東邦音楽大学講師、玉川大学芸術学部非常勤講師、昭和音楽大学講師。 



曲目

Jジブコヴィッチ:Born To Be Wild
三善 晃:5つの素描 ユーフォニアムとマリンバのための
ピアソラ:タンゴの歴史 より “カフェ1930”   他



その他

閉じる